• Archive

映画「ル・コルビュジェの家」

映画「ル・コルビジェの家」を観てきました。
20世紀を代表する建築家、ル・コルビュジエが、
南米に唯一設計した「クルチェット邸」。
普段は資料館として公開されているようですが、
日本からするとアルゼンチンは地球の裏側なので、
なかなか実際に見に行くことはできません。
ということで、動画で「クルチェット邸」を見るのが目的でしたが、
ストーリーもなかなか良く、やや考えさせられる映画でした。
コルビジェの家-s.jpg

東京大学・歴本研究室を訪問

僕が実行委員を務めるJIAセミナーで、
東京大学駒場リサーチキャンパスの歴本研究室に行ってきました。
「人間が取り巻く新しい環境」ということで、
拡張現実(AR)の最先端を切り開く研究室を訪問し、
一線で活躍する歴本教授のお話を聞きしました。
その後、実際にその技術を体感させていただきました。
DSC01393-s.jpg
4つのプロペラのついたこちらの物体が、
DSC01395-s.jpg
人の動きにあわせて動くところを体感。
未知なる世界が広がっていました。感激!

「カフェ・ラントマン」

事務所のそばの眺望の良いレストランつながりでもう1軒。
「TWO ROOMS」の下の階にある「カフェ・ラントマン」。
こちらはウィーンで有名なお店の東京店で、
本場の伝統的なオーストリア料理のお店です。
DSC07570-s.jpg
「TWO ROOMS」より少し下がっただけですが、風景が変わります。
その分というわけではないですが、お値段もリーズナブル。
DSC07569-s.jpg
天気の良い日はやっぱり、テラス席が気持ちが良いです。
DSC07573-s.jpg
オーストリアの定番料理。

「TWO ROOMS」

事務所のそばで眺望の良いレストランのもうひとつは、
紀伊国屋の入っている「AO」というビルの5階にある「TWO ROOMS」。
青山通り沿いは高いビルが建っていますが、
一本、奥に入ると低層地域なので、遠くまで見渡せます。
夜のムーディーなバーも良いですが、
昼は遠くに代々木公園の緑が見えて気持ちが良いです。
DSC07604-s.jpg
内装もなかなか良いですが、やっぱりテラス席がお薦めです。
水面が向こう側に落ちていくようなデザインで、
遠くには新宿副都心のビル群や代々木公園などが望めます。
DSC07601-s.jpg
基本はグリルのお店なので肉がメイン。
DSC01152-s.jpg
外国人(恐らくアメリカ人)が多いこともあり、
ハンバーガーを注文する人も多い気がします。
普段使いのランチにして、少し値段は高いですが、
雰囲気を加味すると満足感は高いですね。

「ペローラ・アトランチカ」

久しぶりの事務所近くのランチ情報です。
表参道周辺で眺望の良いお店はいくつかありますが、
そのひとつが表参道通り沿いにある「GYRE」のお店。
「ブルガリ・イル・カフェ」や「うかい亭」なども入っていますが、
ペローラ・アトランチカ」と「SMOKE」は、
表参道のケヤキ並木が眼下に広がり、季節感が抜群です。
道路を挟んだあちら側は安藤忠雄氏設計の表参道ヒルズが、
建物高さをケヤキ並木にあわせているので、
皮肉にも眺望が良いことになっているのです。
DSC01172-s.jpg
「ペローラ・アトランチカ」からの風景。
オランダの建築家MVRDVが設計した「GYRE」。
このような箱が各階ずれながら積層されたデザインは、
今や学生の課題でよく見かけるスタンダードな設計手法ですが(笑)、
上の階の「うかい亭」が雨と暑い日差しを守ってくれるテラスは魅力的。
DSC01175-s.jpg
「ペローラ・アトランチカ」はポルトガル料理。
DSC01187-s.jpg
そう言えば、ポルトガルに行ったのはちょうど1年前。
ブログアップするのを忘れてました。。。。

「八ヶ岳の山荘」 HPにアップしました!

八ヶ岳の山荘」の写真が出来上がりました。
抜粋した写真をHPにアップしましたのでご覧になって下さい。
yatsugatake18-s.jpg
真夏の暑い日差しを庇がカットしています。
yatsugatake22-s.jpg
こちらは玄関廻り。
yatsugatake25-s.jpg
こちらは2階の寝室。
外観と空間構成は個性的でありながら、落ちついた上質な空間になりました。
詳しくは、HPをご覧ください。

「仙川の家」祝!地鎮祭

「仙川の家」が着工しました。
DSC01342-s.jpg
この時期は毎週、地鎮祭をやっているような感じです。
お子さんの学校の関係で年度末竣工を希望されることが多く、
工事期間から逆算すると着工がこの時期に集中してしまうからです。