• Archive

祝!重版出来

先月発売されたMDSの本「暮らしの空間デザイン手帖(改訂版)」が重版出来とのこと。発売から1ヶ月で重版となることが、正直、どういうことなのかよくわかっていないのですが、大変喜ばしいことのようです。皆様、どうも有難うございます。今回は大幅に改訂した新刊のような改訂版ということで、やや微妙な立ち位置のものですが、ひとまず安心。

「鎌倉浄明寺の家」雑誌I'm home.の記事に

ブログ 22 IM 116 001.jpg
新年早々発売のI’m home.の最新号は、くつろぎのプライベート空間の特集。MDSが設計した鎌倉浄明寺の家が紹介されています。
ブログ 22 IM 116 002.jpg
鎌倉浄明寺の家はワンルームの一角をオープンなベッドルームにした事例として紹介されています。こちらの住宅は毎号、何かしらの記事で再掲されているような印象ですが、、、、このベッドスペース、今はギャラリー!ギャラリーとして利用されている状況は、ウェブマガジン100%LIFEで詳しく紹介されています。

新しいMDSの本、12月22日発売!

新MDS本.jpg
MDSの新しい本は本日12月22日に発売になりました!コロナ禍の影響もあって、昨年末に発売の予定が1年ずれ込みました。前回の書籍はこの分野とてしては記録的な売り上げとなり、出版社から続編を出して欲しいとのことで、改訂版を出す運びとなりました。新作15作品、約7割のページを入れ替えましたので、改訂版というよりは新しい本と言っても良い内容です。是非、コチラで!

新建築住宅特集に「立川ANNEX」掲載

ブログ 2201 JT 001.jpg
新建築住宅特集2020年1月号(最新号)に立川ANNEXが掲載されました。年始号なので例年のように「住宅のこの先」というテーマで、対談、計画案、作品が掲載されるラインナップです。
ブログ 2201 JT 009.jpg
木の架構の美しい立川ANNEX
ブログ 2201 JT 010.jpg
断面パースや構造のアクソメなども含めて詳しく解説しています。是非、お手にとってこの先の住宅をご覧になって下さい。

見本誌届きました!

MDS本5 2.jpg
新しいMDS本、見本誌届きました!
MDS本新旧.jpg
初版と2冊並べてもバランスがとれるようにデザインされています。写真は夜と昼、木と白、中庭と山の緑など対照的なものを選んでいて、色味もクール。さすがミリオンセラーをたくさん手がける装丁家さんのデザインです。
ところで、蔦屋書店や紀伊国屋書店などの大型書店の住宅デザインのコーナーに行くと、この判型の本がたくさん並んでいますが、実はMDS本の初版が最初です。書店に並ぶのが待ち遠し〜い。

渡辺篤史さんと記念撮影@鎌倉浄明寺の家

IMG_1159 2.JPG
TV番組「渡辺篤史の建もの探訪」の撮影で鎌倉浄明寺の家に行ってきました。ちょうど紅葉が綺麗な時期で、天候も良く撮影日和。渡辺さんとは年に一度は会っている気がしますね。。。首都圏では来年の2月5日土曜日朝4時30分からテレビ朝日で放送されます。BS朝日では2月20日朝8時30分からです。朝早いので、是非、録画をしてご覧になって下さい。

新建築住宅特集の撮影@立川ANNEX

IMG_1150.JPG
新建築住宅特集の撮影で立川の立川ANNEXに行ってきました。1階の基礎工事の際に出た土で2階に上がるための小山をつくっています。
IMG_1152.JPG
庭は建主様の力作。素晴らしい!隣の綺麗な蔦で覆われた建物は10年前にMDSが設計したジンカンパニー本社ビル。今回つくったアネックスの1階は倉庫兼スタジオ、2階はオーナーの別宅です。12月18日発売の1月号に掲載されますので、詳しくはそちらで!

「白金の家」英国「ATLAS OF BRUTALIST ARCHITECTURE」に

IMG_1025.JPG
イギリスのPHAIDON社から出版された「ATLAS OF BRUTALIST ARCHITECTURE」。MDSの設計した白金の家がこの本に掲載されています。そう言えば見本誌が送られて来ないなあと思いつつ、これまでにも掲載された他の多くの本の一冊としか思っていかなかったのですが、数人の建築家からこの本に載ってましたねと言われて、気になってAmazonで調べてみたところ、The New York Times Best Art Book of 2018やその他の概要欄やコメントにとても興味深いことが書かれていたので、高価な本ですが自腹で購入することにしました。しばらく欠品していたのか、1年近く経ってようやく届きました。分厚い立派な本で、世界中のブルータルな名建築が満載です。
IMG_1014.jpg
掲載されたページはこちら。小さくて少々がっかりしましたが、、、、隣は伊東豊雄の中野本町の家。こんな名作の横に掲載されるのであれば良しとしましょう(笑)。
IMG_1013.jpg
他の日本人建築家は、丹下健三、黒川紀章、磯崎新、安藤忠雄など、巨匠が勢揃い。
ところで、この本の中で一番取り上げらている建築家は、やはりブルータルな建築家の代表格、ル・コルビュジェです。
IMG_1015.jpg
インド・シャンディガールの国会議事堂。
IMG_0417.jpg
インド・アメダバードの綿工業館。
IMG_1018.jpg
フランスのロンシャン教会や、
IMG_1017.jpg
ラトゥーレット修道院など、他にもたくさん掲載されています。学生の頃、コルビュジェに憧れて世界中のコルビュジェの作品を見て回りまわりました。写真を見ているだけでその頃のことを思い出させてくれます。
IMG_1021.jpg
アメリカでブルータルな建築と言えば、ルイスカーンと思うのですが、、、なぜかやや少なめです。しかも、ソーク研究所が1/2ページと小さい!
IMG_1022.jpg
ヨーロッパに次いでやはりアメリカが多く、サンフランシスコのネルヴィのセントメーリー教会
といったの60年代、70年代のもの多いのですが、
IMG_1024.jpg
OMA コールハースのシアトル図書館や、
IMG_1023.jpg
スティープホールのべルヴュー美術館といった比較的に最近のものも多く掲載されています。
IMG_1020.jpg
ところで、SANNAAのNYのNEW MUSEUMも掲載されています。SANNAAやOMAなどの作品もブルータルな建築と言うのですね。とても興味深い本です。。。
IMG_0415.jpg
ヨーロッパではコルビュジェの次にピーター・ズントーの作品がたくさん載っています。ズントーの作品は日本ではまだあまり知られていない20年くらい前?にこちらのヴァルスの温泉にも行きました。とても懐かしいです。
この一冊で世界一周の建築ツアーが擬似体験できました!
ところで、錚々たる有名な建築群の中に、なぜMDSの小さな住宅が掲載されることになったのか?近現代の世界中のブルータルな建築の中で、若手枠ということのようです。ご興味のある方は是非、ご覧になってください!

動画インタビュー@西原の家

西原インタビュー.jpg
エクスナレッジ社の動画インタビューの撮影で、西原の家に行ってきました。紙媒体の出版社も動画の撮影に力を入れ始めているようです。あまり上手く話せなかったような気がしますが、、、きっと上手く編集してくれるでしょう(笑)。

「I'm home. 」に「等々力の家」「大岡山の家」掲載

ブログ20 IM 109 001.jpg
I’m home. 最新号の特集はCOMPACT HOMESです。
この特集の協力でいろいろなお話をさせていただきました。
ブログ20 IM 109 003.jpg
MDSの住宅も数件掲載されています。等々力の家
ブログ20 IM 109 002.jpg
大岡山の家などを参考事例として記事で掲載されています。
都市部に住宅を建てる方に大変参考になると思います。
是非、ご覧になってください。

「日経アーキテクチュア」に「隅」掲載

ブログ 2060 日経01.jpg
日経アーキテクチュアにMDSが設計した住宅 が掲載されました。最近、雑誌の見出しに「コロナ」「テレワーク」といった文字が必ず入っていますね。。。
ブログ 2060 日経02-s.jpg
この記事も緊急事態宣言発令中に、照明の戸恒さん、施主のインタビューも含めてZOOMによる取材だけで誌面が作られています。
ブログ 2060 日経03-s.jpg
ホームページにも載せてありますが、より詳しい説明を載せております。ぜひ、誌面でご覧になってください。

渡辺篤史さん来訪@成城の家

成城探訪.jpg
TV番組「渡辺篤史の建もの探訪」の撮影で成城の家に行ってきました。
緊急事態宣言が解除されていていますが、やはりコロナが心配。

こんな世相を反映した、異例のマスクをしたままの撮影でした。

渡辺さんとの記念撮影は、一瞬マスクを外して・・・。
放送は7月18日(土)早朝4:30テレビ朝日です。お楽しみに!

雑誌「I'm home.」取材@鎌倉浄明寺の家

IMG_6930-s.jpg
雑誌「I’m home.」の取材で鎌倉浄明寺の家に行ってきました。
前庭は良い感じに緑で覆われて、周りの自然とうまく連続してきました。
IMG_6941-s.jpg
緊急事態宣言で延期になっていましたが、ようやく撮影できました。屋根、窓、土間、色、猫、アートなど、いろいろなテーマにも当てはまる密度の高い住宅ですが、掲載号はまだ未定。どんな誌面になるか楽しみです。

雑誌「I'm home.」 MDSの紹介

s-ブログIM01.jpg
ハイエンドユーザー向けのインテリア雑誌「I’m home.」の最新号で、
MDSの事務所紹介が掲載されています。
s-ブログIM02.jpg
代表の森清敏と川村奈津子のインタビューが記事になっています。
今は書店でご覧いただけないので、是非、ネットでご購入の上ご覧ください!

「新建築住宅特集」に「鎌倉浄明寺の家」掲載

ブログ用2004JT001.jpg
「新建築 住宅特集」にMDSが設計した「鎌倉浄明寺の家」が掲載されました。
ブログ用2004JT002.jpg
今回は「土間と縁側」の特集のとのこと。
ブログ2004JT_004.jpg
鎌倉浄明寺の家は屋根と2階の開口部が特徴的ですが、
1階の土間にもフォーカスされた誌面構成になっています。
詳しくは、ぜひお手にとってご覧ください。

日本建築学会「作品選集」に「等々力の家」掲載

s-ブログ 20 選集01.jpg
本年度の日本建築学会「作品選集」にMDSが設計した等々力の家が選ばれました。エリアごとに現地審査も含む審査が何度も行われ、その結果を全国にあげてまた別の審査員が審査して、ようやく掲載作品が決まりまります。学会ということで学術的な評価軸も大切となりますし、多くの審査員の判断で決まるという意味で、一般的な専門誌とは違った意味での狭き門です。
s-ブログ 20 選集02.jpg
ここ数年、住宅は審査対象作品も多く激戦。最終に残ったのは久しぶり。今年も誰もが知っているような作品たちも選外になってしまっているようです。。。

I'm home. 流、写真の撮り方「東山の家」

ブログ20 IM 105 002.jpg
今月のI’m home.では写真の撮り方が記事になっています。
I’m home. の誌面いつも美しいですが、
その写真は全てナカサ&パートナーズが撮ったものです。
ブログ20 IM 105 003.jpg
MDSが設計した東山の家の写真も記事になっています。
この写真は「グラフィック(2D)として考える」ということがポイントだとか。「中央の壁に正面にカメラを構え、壁の側面を写さず平面的に見えるように撮影したもの。立体的要素を少し減らすことで、右手のリビングと左手の吹き抜けの階段室といった二つの空間をより際立たせた。」とのこと。
この他にも興味深いことが色々載っています。
写真に興味のある方は、是非、読んでみると良いのではないでしょうか。

「ジンカンパニー本社ビル」雑誌「cal」に掲載

10年ほど前に竣工したジンカンパニー本社ビル。オーナーから久しぶりに連絡あり、隣の敷地を購入したので新しい建物を建てたいとのこと。まだ駆け出しの頃のクライアントからの設計の再依頼。感無量です。
CAL1.jpg
先日、取材があったので、、、と掲載された雑誌をいただきました。
CAL2.jpg
オフィス上部のオーナー宅が掲載されています。
CAL3.jpg
元々はアパレルのブランドを経営されているのですが、今は高級ペット用品を扱うお店もやっているそうで、こちらがそのページ。行動力が素晴らしい!見習わなければいけませんね。久しぶりにお会いして元気をいただきました。

雑誌「I’m home.」に「鎌倉長谷の家」掲載

ブログIM02.jpg
ハイエンドユーザー向けの雑誌「I’m home.」に鎌倉長谷の家が掲載されました。
ブログIM07.jpg
今回は照明特集。照明設計はシリウスの戸恒さん。
ブログIM03.jpg
いつものように素晴らしい写真ですね。
数日前に発売なので、書店で平積みになっていると思いますので、
ぜひお手にとってご覧になってください。

雑誌「I'm home.」 撮影@鎌倉長谷の家

IMG_3067-s.jpg
雑誌「I’m home.」の撮影のため、久しぶりに「鎌倉長谷の家」に行ってきました。
撮影は朝からでしたが、別件の撮影で私たちが到着したのは夕方。
今回は照明特集とのことなので、夕暮れ時の撮影はいつも以上に勝負時。
発売11月とのことです。角田編集長の世界観で撮られた写真が楽しみ!

日本建築師才懂の思考&設計@上海の書店

MDSの本はお陰様で住宅設計の分野としては記録的な売り上げだったようですが、その後、同じ判型サイズの似たような本が沢山出て、残念ながら平置きの場所はそれらの本に置き換わってしまいました。。。出版されてからもう4年も経つのですから仕方がないですね。
s-上海MDS本.jpg
こちらは上海に住む知人から送られてきた書店の写真です。海の向こうでは今もこんなに良い位置をキープしているようです。同じ列に紫禁城のハードカバーの立派な本もあるのですから光栄です!